車を売る方法としては『買取』と『下取り』の主に2種類がありますが、新車を購入するために車を買い替えする場合、これまでに乗っていた愛車を新車販売ディーラーに下取りしてもらうケースが多いようです。


ディーラーは新車販売が専門であるため中古車市場の動向をリアルタイムに下取り見積もり価格に反映させるこことは難しいとされています。

また、新車購入者から下取りした車はディーラー系列の中古車展示場で販売されるケースがほとんどであり、この販売方法では在庫リスクや管理コストが非常にかかります。


このような理由からディーラーの下取り見積もり価格は低くなる傾向にあり、同じ車種でも中古車買取業者の買取価格よりも数十万円も低くなることもありますので車を売る際にはディーラーの下取り見積もり価格に満足するのでなく中古車買取業者にも査定してもらうのがおすすめです。