車買取と下取り、愛車を売却するならどちらが得なのでしょうね。

大切に乗ってきた愛車ですから、できるだけ高く売却したいと誰しもが思うことです。


そこで、買取と下取りでこんなにも査定価格に差が出るの!?と驚愕するような査定実例を紹介しますので、買取と下取り、どちらが得なのか判断してみてください。



7年落ちのクラウンアスリートを買い替えするために、新車を購入するディーラーで下取りの見積もり価格を出してもらったところ、査定は120万円だったそうです。

で、一括査定サイトを利用して複数の中古車買取業者に査定してもらったら、ナント最高で170万円という高額査定!

その差、50万円という驚愕の開きが出ました。

7年落ちくらいの年式が古いクルマの場合、ディーラーでは下取り査定は低くなりがちということが巷では言われますが、その通りの査定結果になっていますね。


新車を購入する商談において、すでに充分に値引きをしてもらい、さらに50万円値引きしてもらうことは不可能でしょうから、ディーラーに下取りに出していたら、結局のところ、50万円安く新車を購入できなかったということと同じことですよね。


これは何も特別なことをしたわけではありません。

一括査定の存在を知っているかどうかだけの話です。

インターネットには一括査定サービスが存在している、買取と下取りでは査定価格で、ちょっとの差ではなく、何十万円と驚愕の差が出るケースが往々にしてあるということ知っているかどうかなのです。


車を買い替えするときに、『買取』と『下取り』、どっちが得なのかを知っている人は、新車を安く購入しているのです。