車買取と下取りでは、査定に大きな開きが生じるケースが多く存在します。


車の買い替えなどで新車を購入する場合、新車を販売するディーラーにこれまで乗っていた愛車を下取りしてもらう人が多いと思います。確かに新車購入と愛車の売却が一度にできますので手間がかからないかもしれません。

ディーラーとの商談では、車両本体価格や付属品の値引きのほかに、下取り査定額アップを交渉することがおすすめされていますが、どちらかというと値引きばかりに力を入れて下取り査定額の上乗せにはあまり力を入れていない人が多いように思います。


下取り予定車を高く売ることができれば新車購入代金が割引され値引き以上に満足する商談をすることができますので、車の買い替えの場合には中古車市場で愛車を車買取業者でも査定してもらうことをおすすめします。