車の買取価格は下取り査定価格よりも高くなるケースが多く存在しますので、車の買い替えで新車を購入する人はこれまで乗っていた愛車を新車販売のディーラーに下取りに出すのではなく、中古車市場の車買取業者に買い取りしてもらった方が新車を安く購入することができます。


知人の実例ですが、7年落ちのボルボのディーラー下取り査定価格が40万円のところ、車買取業者の買取査定価格は148万円だったそうです。この例は、中古車のマーケットで需要のある車種には車買取業者はディーラー下取りでは真似できないような思い切った高額査定をするというケースですね。


ボルボのような希少価値のある車種でなくてもディーラーの下取り価格よりも車買取業者のほうが高く買い取りするケースもよくあります。

コンパクトカータイプの大衆車でもディーラーでは下取り価格が10万円と言われていたところ、インターネットの一括査定サイトを利用して査定を申し込み、複数の車買取業者の査定を競わせた結果、約25万円まで競り上がっって大喜びしたご夫婦を知っています。