愛車を売る機会は、人にもよりますがそんなに多くないと思います。新車を購入するために愛車を買い替えするケースがほとんどだと思いますが、これも数年に一度あれば多い方で、10年以上同じ車を乗っている方などは愛車を売却する経験というものは10数年に一度ということになるのではないでしょうか。

その場合においても新車を購入するディーラーに下取りに出すケースが多く、本当の意味でのクルマを売ることが少ないように感じます。

そこで頼りになるのが、実際に愛車を売却した人の”口コミ”です。


前述した”下取り”ですが、ディーラーに下取りに出すよりも中古車買い取り店に売却した方が高く売れるという口コミを多く目にします。

また、10数年以上経過した年式の古い車種の場合値が付かないと思っている人が多いようですが、廃車費用を出費しなければいけないと思っていたのに逆に高く売ることができたという口コミもあります。


こういった口コミの多くは、複数の中古車買い取り業者で査定してもらっているケースがほとんどで、名の知れた大手1社にしか査定を依頼していては高額な買い取り金額を引き出すのは難しいとされています。

買い取り業者からしてみれば安く買い取りすることができるに越したことはありませんので、競合する業者がいなければ高価買い取り金額をユーザーに提示する必要はありません。

したがって、買い取りを希望するユーザー側からすれば、複数の買い取り業者を競わせることで業者から高価買い取り金額を提示させることが重要になってくるのです。