中古車買い取り専門店と一言でいっても、ユーザーから買い取りしてクルマをその後どのように取り扱うかは様々です。

一般的にはオートオークションに売却するケースがほとんどですが、ユーザーから買い取りしたクルマを直接次のユーザーにダイレクトに販売する、いわゆる”直販方式”を展開している買い取り店もあります。その代表が『ビッグモーター』です。


最近では買い取り専門店も自社で直接販売するようになってきています。街頭などを走っていてガリバーやアップルなどの大手買い取り専門店の店頭で販売されている中古車が並んでいるのを見たことがある人も多いと思います。

ユーザーからできるだけ高く買い取りするためには、オートオークションに出品するよりも自社でダイレクトに販売した方が高く仕入れることができるからです。

また、中古車として販売するのではなく、解体して自動車部品として海外へ輸出するリサイクル・解体業者も存在します。ロシアなどの海外では日本製の自動車部品が高く売れます。


このように買い取りしたクルマをどう取り扱っていくかは業者によって多種多様であり、ユーザーとしても売却後の愛車の行く先を知る必要はありませんが、査定金額に大きく影響を及ぼすということは理解することが大切です。

したがって、複数の中古車買い取り専門店に査定してもらうことが重要になってくるのです。