車買取査定をしてもらう場合、車の買い替えで新車を購入するケースにおいてはディーラーに下取りしてもらう人が多いと思います。


新車を購入するディーラーでこれまで乗っていた愛車を下取りしてもらうメリットとしては、新車の値引き交渉などの商談と愛車の売却交渉が一度にできるという手軽さが挙げられます。


ディーラーはご存知のように新車を販売することが専門ですので、中古車市場の相場や動向にそれほど詳しくありません。そのために下取り見積もりする上において、中古車市場の動向をリアルタイムに下取り価格に反映させることが難しいとされています。

したがって、中古車市場で人気のある車や海外で人気のある中古車などに思い切った見積もり金額を新車購入者に提示できないというデメリットがあります。


また、ディーラーだけに下取り査定を依頼していては価格競争もないので、査定価格が競い合いません。


新車を購入する際には、値引き価格を限界まで引き出すことも確かに大切ですが、下取り予定車を高く売ることにも力を入れたほうが結果として満足ができる商談になるケースがあります。