車買取相場は下取り査定相場よりも高くなるケースが多く存在します。


車買取店は中古車市場の動向をリアルタイムに査定相場に反映することができ、需要の多い人気車種には特に思い切った査定価格を付けることができます。

これに対して、新車販売を専門とするディーラーでは、中古車市場の相場をリアルタイムに下取り価格に反映させることが難しく、車買取店の査定価格よりも低くなりがちです。年式の古い車には下取りの値が付かないくらいです。


大衆車でも買取と下取りでは10万円~20万円くらいの差が出ることは普通のことであり、SUVやRV車、スポーツカータイプ等マニア向けの車種の場合は、大衆車以上に何十万円もの開きが生じることもあります。

ですので、新車購入の買い替えなどの理由でこれまで乗っていた愛車を売却するときには、ディーラーに下取りに出してしまい車買取店で査定見積もりの依頼をしないと大きな損失になる恐れがありますので注意しましょう。