車の高価買取に成功するためには査定方法を間違えないことが大切になってきます。


査定方法を間違えないって言うけど、複数の中古車買取業者に査定を依頼して見積もりを提示してもらい査定価格を比較すればいいんじゃないの?と思う人もいるかもしれませんね。

確かに査定の第1ステップとしてはそうですが、ここで多くの方が誤ることがただ単に数字を比較しているだけということです。


例えば、「愛車の査定を依頼したら査定価格はA社が30万円、B社が33万円、C社が35万円だったので、一番高いC社に35万円で買い取りしてもらいました」ということでは高価買取に成功したとは言えないのです。

この査定方法がいけないというのなら、一番高かったC社に、36万円とか37万円に買い取り価格を上げてもらえないか値交渉すればいいのではと考える人もいるかもしれませんが、この査定方法もおすすめではありません。

1社と単独で査定交渉していてはいけないのです。


仮に上記の例のような査定がなされたとしても一番高い業者1社のみに交渉相手を絞るのではなく、更に3社と交渉を継続するのです。交渉の方法は”オークション方式”です。

オークションをする要領で上記の例でいえば3社の査定を競わせましょう、すると、複数の業者が競争入札して査定価格が競り上がり高価買取に成功します。